• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

ピーク幅のサンプル負荷量依存性 (DEAE-825)

印刷
弱陰イオン交換クロマトグラフィ用カラムIEC DEAE-825を用いてサンプル負荷量とピーク幅の関係を求めました。オブアルブミンの注入量1mgまではピーク幅は広がりません。 注入量を4mgに増すとピーク幅は約2倍に広がります。


Sample :Ovalbumin

Column       : Shodex IEC DEAE-825 (8.0mmI.D. x 75mm)
Eluent       : (A); 20mM Piperazine-HCl buffer(pH6.0)
               (B); (A) + 0.5M NaCl
               Linear gradient: 0min to 20min, (A) to (B)
Flow rate    : 1.0mL/min
Detector     : UV(280nm)
Column temp .: Room temp.

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録