• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

標準ポリスチレン (9) (KD-802)

印刷
有機溶媒系SEC(GPC)用カラムGPC KD-802を用いて標準ポリスチレンの分析を行いました。このクロマトグラムでは、分子量580のポリスチレンのピークは溶媒由来である水、空気などのピーク(矢印部分)付近に溶出しています。このように溶離液をDMFにする場合、スチレンジビニルベンゼン共重合体を充てん剤としたSECカラムではポリスチレンが遅れて溶出することが知られています。KD-800シリーズを用いて較正曲線を作成する場合は、標準としてPEG/PEOを使用することをお勧めします。
参照:KD-802.5とSB-802.5 HQの較正曲線 (DMF溶媒: PSとPEG、PEOの比較)


Sample :
1. Polystyrene (MW: 37,000) 0.1%
2. Polystyrene (MW: 4,000) 0.2%
3. Polystyrene (MW: 580) 1.0%

Columns      : Shodex GPC KD-802 (8.0mmI.D. x 300mm) x 2
Eluent       : 0.01M LiBr in DMF
Flow rate    : 1.0mL/min
Detector     : Shodex RI
Column temp. : 50℃

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録