• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

グリホサートとグルホシネートのLC/MS分析 (VT-50 2D)

印刷

グリホサートなどの含リンアミノ酸系農薬は、ほとんどの雑草に有効な非選択性除草剤として世界中で広く使われています。人体への有害性が懸念されるため各国で規制されており、環境や食品中の濃度をモニターする必要があります。これらの農薬や代謝物は親水性が高いためHPLCによる分析が適していますが、逆相モードでは保持が難しく、前処理で誘導体化したり、溶離液にイオンペア剤を添加するなどの工夫が必要となります。ここではHILICpak VT-50 2Dを用いて酸性条件によりグリホサート、グルホシネート及びその代謝物のLC/MS一斉分析を行ったところ、各成分が良好に分離できることが確認できました。本条件では誘導体化やイオンペア剤を使用など煩雑な作業なしに分析することが可能です。なお、これらの含リン農薬は金属配位性が高いため、インジェクタ以降の流路は可能な限りPEEK材質を用いています。


Sample : 5 μL
1 µg/mL each


Column       : Shodex HILICpak VT-50 2D (2.0 mm I.D. x 150 mm)
Eluent       : H2O/1 % HCOOH aq./CH3CN=70/20/10
Flow rate    : 0.3 mL/min
Detector     : ESI-MS (SIM)
Column temp. : 40 ℃

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録