• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

水道法水質基準に対応した陰イオン分析法

印刷

厚生労働省令第101号(平成15年5月30日)「水質基準に関する省令」により水質基準として50項目が設定され、平成26年4月1日から亜硝酸態窒素が追加され51項目となりました。また、検査方法は厚生労働省告示第261号(平成15年7月22日)[最終改正令和2年3月25日厚生労働省告示第95号]「水質基準に関する省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法」によって定められています。下記に代表的な陰イオンの基準と分析に適応したShodex陰イオン分析用カラムをご紹介します。


測定方法対象基準値対応カラム
(別表第12)
イオンクロマトグラフ
―ポストカラム吸光光度法
シアン化物イオン
及び塩化シアン
0.01 mg/L以下
(シアンの量に関して)
RSpak KC-811 6E
(別表第13)
イオンクロマトグラフ(陰イオン)
による一斉分析法
亜硝酸態窒素 0.04 mg/L以下
IC SI-52 4E
IC SI-35 4D
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 10 mg/L以下
フッ素 0.8 mg/L以下
(フッ素の量に関して)
塩素酸 0.6 mg/L以下
塩化物イオン 200 mg/L以下
(別表第18)
イオンクロマトグラフ
―ポストカラム吸光光度法
臭素酸 0.01 mg/L以下
IC SI-50 4E
IC SI-52 4E
(別表第18の2)
液体クロマトグラフ―質量分析法
塩素酸及び臭素酸 (塩素酸) 0.6 mg/L以下
(臭素酸)0.01 mg/L以下
RSpak JJ-50 2D

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録