• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

カラム取扱上の一般的注意事項

印刷

目 次 :

  1. カラム各部の名称
  2. カラムの取り付け
  3. カラムの取り外しと保存
  4. ガードカラム使用のお勧め
  5. 試料の前処理
  6. 溶離液
  7. カラムの検定方法
  8. カラムの廃棄方法
  9. その他の注意事項
  10. カラムの保証について (日本国内において適用)

 

1. カラム各部の名称



2. カラムの取り付け

1) カラムを液体クロマトグラフに取り付ける前に装置内を使用する溶離液で完全に置換してください。また流路内の空気を完全に押し出してください。

 

注意 装置内の液と使用する溶離液が混和しない場合は双方と混和する液を中間でご使用ください。例えば水からクロロホルムに置換する場合(その逆も同じ)は中間でアセトンを使用するとうまく置換できます。
注意 塩を含んだ液を有機溶媒を含んだ液に置換する場合は中間で純水、アセトンの順に置換します。逆に有機溶媒から塩を含んだ液に置換する場合はアセトン、純水の順で置換します。
注意 ポンプだけでなく溶離液が流れる全ての流路の液置換を行ってください。例えば試料の注入にサンプルーブを使用する場合はループ内の液置換も行ってください。また、圧力計やダンパー等の分岐配管がある場合は一旦取り外して溶離液で洗浄した後、再度配管してください。


2) カラムの保存方法が不適切だった場合や長期間使用しなかった場合にはカラムの出入り口部に空気が残っていることがあります。このような場合はカラムから完全に空気を追い出した上で装置に接続してください。

 

注意 急激な加熱をしたり最高使用可能温度を越える加温をしたりしないよう注意してください。
参考 カラムの入口側の閉止栓を開き、カラムを加温して(一般的には手のひらで暖める程度で充分です)液があふれ出た後、装置に接続します。その後、出口側の閉止栓を外してポンプで送液し出口側から液が出るのを確認した後、装置に接続、または次のカラムを接続すると完全に空気を除くことができます。


3) ポンプを作動させた状態でカラムを装置に接続します。溶離液がフローマークの矢印の方向に流れるようにカラムを接続してください。

4) カラムを加温して使用する場合は、0.2~0.3mL/min程度の低流量で送液しながら所定の温度まで加温してください。所定の温度になったら徐々に流量を測定流量まで上げてください。

5) カラムによっては安定時間が必要です。装置に接続後すぐに測定を行った場合、最初の一回は良い結果の得られないことがあります。

3. カラムの取り外しと保存

1) カラムを加温して使用している場合は流量を0.2~0.3mL/minに下げた後、この流量で送液を続けながら徐々に室温まで温度を下げてください。

2) カラムが室温になった後、ポンプを止めてカラムを装置から取り外し両端に閉止栓をしてください。

 

注意 カラム納入時に封入されていた液と溶離液とが異なる場合は、封入時の液に置換した後、カラムを取り外してください。
注意 カラム両端の栓は液漏れのないよう充分に締めてください。
参考 室温というのは厳密にはカラムの保管を行う場所の室温をいいます。


3) カラムは納入時に入っていた箱の中に入れて温度変化の少ないところ(恒温室が最適)で保存してください。
4) GPC、GFCカラムを長期間保存する場合は理想的には液浸保存することをお勧めします。この場合、カラムの出口側を装置から外し外径1/16インチ、内径0.8mm、長さ50cmのテフロンチューブを接続します。次にポンプを始動しテフロンチューブの先端から溶離液が流出したらポ ンプを止めテフロンチューブの先端を80mLの液浸用の液を入れた100mLのビンに浸します。カラムの入口側を装置から外し栓をして温度変化の少ないところに保存してください。



液浸保存が妥当なカラムおよび、それに用いる液浸用の液は次の通りです。
①液浸用の液としてトルエンを用いるもの
 GPC KF、K、KD、AT、HT、UT、HFIPの各シリーズ
②液浸用の液として純水(防腐剤としてアジ化ナトリウムを含む)を用いるもの
 OHpak SB-800 HQ、PROTEIN KWの各シリーズ

 

参考 液浸保存中、1ケ月に1回程度、カラム中の溶媒を新しい溶媒で置換することによりカラムの性能を更に長く保つことができます。


5) 3日間以内に再びカラムを使用する場合は、カラムを装置に取り付けたままにしておいても差し支えありません。

 

注意 析出しやすい塩水溶液、腐食性のある溶媒を溶離液に使用した場合、1日以内の保存の場合以外は塩や腐食性溶媒を含まない溶離液に置換して保存してください。


4. ガードカラム使用のお勧め

1) 試料中に充てん剤に吸着し易い物質を含む場合や汚れた試料を扱う場合は、カラムの性能が急激に低下することがあります。このような場合にはガードカラムの使用をお勧めします。

 

参考 ガードカラムは分析カラムの性能を長く保つものであり分離能の向上を目的としたものではありません。

 

2) ガードカラムは試料の性状、注入量に応じて定期的に交換してください。

5. 試料の前処理

1) 一般的に試料は使用する溶離液に溶解します。

 

参考 不安定な溶離液の場合は注入の直前に溶媒タンクから抜き取った溶離液に試料を溶解してください。特に示差屈折率検出器を用いる場合はブランクピークを小さくするためにこの操作は重要です。
注意 グラジエントを用いる場合は初期の溶離液に溶解します。
注意 溶離液に溶解しない試料はカラムに注入しないでください。


2) 試料は不溶解物質を取り除くため0.45μmのメンブランフィルタでろ過してください。ディスポーザルフィルタの使用をお勧めします。

3) 固相抽出用の前処理フィルタの使用も試料中の夾雑物を除去するための前処理として効果的です。

6. 溶離液

1) 溶離液はゴミや不溶解物質を取り除くため0.45μmのメンブランフィルタでろ過してください。ディスポーザルフィルタの使用をお勧めします。

2) 溶離液は充分に脱気したものをご使用ください。
溶離液に超音波をかけアスピレーターで減圧して脱気します。溶離液の脱気が悪い状態で示差屈折率検出器等を使用した場合、安定したベースラインが得られないことがあります。
デガッサー (溶存ガス除去装置) ERC-3000αシリーズをご利用いただくと脱気の手間が省けて便利です。

 

注意 カラムを加温して使用する場合、カラム内部およびカラム出口での気泡発生を防ぐために脱気は重要です。


7. カラムの検定方法

 出荷時にカラムに添付されている検定チャートの理論段数は次の式により求められています。



 理論段数の測定条件についてはカラムの検定条件に示してあります。
 チャート速度は1.5~2.0cm/min程度が適当です。チャート上でピークの高さが約10cm程度になるように検出器の感度を調整してください。

8. カラムの廃棄方法

 廃棄の場合はカラムより内容物(ゲルおよび封入溶媒)を抜き取り内容物は焼却炉で焼却し、空のカラムは廃棄してください。

9. その他の注意事項

注意 カラムに衝撃を与えると充てん剤の充てん状態が乱れて性能が低下することがあります。高所からカラムを落としたりすることのないよう注意してください。
注意 カラムを曲げないでください。
注意 カラムのエンドフィッティングを開けると性能が低下します。絶対に開けないでください。
注意 始動時や使用中の急激な圧力や流量の変化は避けてください。カラムの性能を長く保つためにはダンパー付きポンプまたは脈動のないポンプを使用してください。


10. カラムの保証について (日本国内において適用)

1) 輸送中の破損に関する保証
 輸送中の事故でカラムが破損した場合は良品と交換いたします。
2) 品質に関する保証
 7.カラムの検定方法に記載の方法でカラムの理論段数をチェックしカラムに添付されている検定チャートの値よりも極端に低い場合は良品と交換いたします。
 注)上記1) 、2)につきましてはカラム到着後、10日以内にお求めになりました代理店または昭光サイエンス(株)にご連絡ください。
 10日間を過ぎた場合は良品との交換はご容赦ください。
3) 寿命に関して
 カラムの寿命に関しては保証の対象とはいたしません。
4) 不適切な取扱に関して
 カラムに添付の取扱説明書に記載されている内容以外の取扱によりカラムが劣化した場合は保証の対象とはいたしません。
5) 補償範囲
 ①カラム使用上の不都合につきましては不良カラムの良品への交換以外の補償はご容赦ください。
 ②当社カラムを使用して得た分析結果に関することは、本カラムの補償範囲外とさせていただきます。
 ③溶媒、薬液の漏れ等による事故 (吸入事故、薬傷等)に対する補償はご容赦ください。
 ④このカラムは医療の分野における臨床診断のための検査に用いるものではありませんので、その旨ご承知ください。