• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

コバルトイオンの化学発光検出

印刷

遷移金属分析用カラムIC T-521と化学発光検出器(CLD)によるコバルトイオンの検出は極めて高感度です。500μLの直接注入により ng/L(≒ppt)レベルの分析が可能です。 反応液は遮光した上で氷水で冷却します。なお、反応液(A)、(B)はバックグラウンドノイズを下げるために用時調製します。


Sample : Co2+


Column       : Shodex IC T-521 (4.6mmI.D. x 150mm)
Eluent       : 6mM Oxalic acid + 3mM Citric acid + 0.1mM NaN3(pH4.1)
Reagent      : (A); 1mM Luminol in 0.1M Borate buffer(pH11.0), (B); 1mM H2O2
Flow rate    : (Eluent); 1.0mL/min, (Reagent A); 0.5mL/min, (Reagent A); 1.5mL/min
Detector     : CLD
Column temp. : 40℃

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録