• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

カラムの連結とリニアカラム

印刷

分子量分布の広いポリマーを分析するためには高分子領域から低分子領域までをカバーするGPCカラムが必要ですが、一般的にはポアサイズの異なるカラムを連結する方法が採用されています。例えば②はKF-805とKF-804を連結した場合の測定例です。また、低分子領域の分解能を向上させるために③のようにKF-806とKF-803を連結したり、④や⑤のようなカラムを組み合わせる場合もありますが、これらのカラム連結の場合、カラムの組み合わせ方法によってクロマトグラムのパターンが異なるという問題点があり更にポアサイズの異なるカラムを連結すると較正曲線が曲がったり、曲がりの位置にショルダー(図中に↓で示しました)が生じるという問題点もあります。これらの問題点を解決するためにリニアカラムが開発されました。リニアカラムにはポアサイズの異なるゲルがミックス充てんされています。分子量100のような低分子領域から高分子領域までの較正曲線が直線を示し、しかも較正曲線の曲がりを抑えたカラム設計がされています。したがってカラムの組合せ方法に煩わされることなく、いつでも一定のクロマトグラムが得られます。なお、⑥に示したように分解能を向上させるためには同じグレードのリニアカラムを複数本連結するだけで再現性のよい測定が実現できます。

 


Sample : PS, Polystyrene

 

Columns   : Shodex GPC KF-800, KF-800L series (8.0mmI.D. x 300mm each)
Eluent    : THF
Flow rate : 1.0mL/min

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録