• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

較正曲線の選び方

印刷

分析対象となるサンプルの分子量範囲に適した較正曲線のカラムを選びます。例えば図に示すような2つのカラムを用いた場合、サンプルA、B、Cの分離にはカラム(1)よりもカラム(2)の方が分離が良いことがわかります。分析対象となるサンプルの分子量範囲内で 較正曲線の勾配が緩やかなカラムほど分解能の高い分析が可能になります。サンプルに合わせて適正な較正曲線のカラムをお選びください。




お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録