• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

日本薬局方に準拠したボグリボースの分析 (NH2P-50 4E)

印刷

第十七改正日本薬局方によるボグリボースの純度試験ではシステム適合性としてボグリボースのピークの理論段数は7,000段以上、シンメトリー係数は0.8~1.2で、6回の繰り返し分析においてボグリボースのピーク面積の相対標準偏差は3.0%以下となっています。Asahipak NH2P-50 4Eを用いて分析を行ったところ、すべてのシステム適合性の条件を満たすことが確認できました。


Sample : 10μg/mL, 50μL
1. Voglibose


Column       : Shodex Asahipak NH2P-50 4E (4.6mmI.D. x 250mm)
Eluent       : 20mM Sodium phosphate buffer(pH6.5)/CH3CN=37/63	
Reagent	     : 12mM NaIO4 + 50mM Taurine aq.
Flow rate    : (Eluent) 0.6mL/min (Reagent) 0.5mL/min
Detector     : Fluoresence(Ex. 350nm, Em. 430nm) (post-column reaction)
Column temp.   : 25℃
Reaction temp. : 100℃
Cooling temp.  : 15℃
※平衡化:100mM Sodium phosphate buffer(pH6.5)を0.5mL/minで2時間通液した後、溶離液を0.5mL/minで2時間通液。

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録