• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

キナアルカロイド

印刷

ポリマー系逆相クロマトグラフィ用カラムAsahipak ODP-50 6Dを用いてキナアルカロイドの分析を行いました。キナアルカロイドであるキニーネとシンコニンは第三級アミノ基を持つ塩基性薬物です。両成分はこのようにpH9 のアルカリ性溶離液を用いることで良好な分離が得られています。比較例として示した中性条件下ではODS,ODP-50いずれも分離が不十分であり、ODS カラムについては著しいピークのテーリングが認められています。

 


Sample : 1. Cinchonine , 2. Quinine

Column       : Shodex Asahipak ODP-50 6D, ODS from other manufacturer
               (6.0mmI.D. x 150mm each)
Eluent       : 10mM Phosphate buffer/CH3CN/CH3OH=40/20/40
Flow rate    : 1.0mL/min
Detector     : UV(250nm)
Column temp. : 30℃

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録