• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

カラムの選択方法 「薬物・代謝物質・光学活性物質」

印刷

◇薬物、代謝物質
逆相モード、HILICモード、イオン交換モードさらにマルチモードなどが利用可能です。ポリマー系のカラムは強アルカリ性条件下で使用できるためアミンのような塩基性薬物の逆相分析に有用です。

◇光学分割
2種類のモードを用意しています。
リガンドとしてβ-シクロデキストリン誘導体を結合させたORpak CDBS-453は環状内部への包接の程度の違いを利用した分離モードで、光学分割だけでなく、位置異性体や幾何異性体の分離にも適用できます。アミノ酸の光学分割にはL-アミノ酸を結合させたORpak CRX-853が有用です。



お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録