• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

清涼飲料水 (SH1011)

印刷

イオン排除とSECモードが働くSUGAR SH1011では溶離液に過塩素酸水溶液を用いることにより糖と有機酸の同時分析が可能です。過塩酸水溶液の濃度(pH)やカラム温度を変えることにより有機酸の溶出時間を調整することができます。ただし、SH1011は対イオンがH型ですのでサンプル中のスクロースを分析する場合はスクロースの分解を抑えるために15℃程度の低温条件で測定する必要があります。


Sample : 20-hold diluted Soft Drink
1. Stachyose
2. Raffinose
3. Sucrose
4. Citric acid
5. Glucose
6. Fructose
7. Succinic acid


Column       : Shodex SUGAR SH1011 (8.0mmI.D. x 300mm)
Eluent       : 3mM HClO4 aq.
Flow rate    : 1.0mL/min
Detector     : Shodex RI
Column temp. : 15℃

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録