• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

糖分析用カラムの選択方法 (分離モードから)

印刷

単糖類、二糖類、オリゴ糖および糖アルコールの相互分離には配位子交換や親水性相互作用(HILIC)が有用です。またデンプンのような多糖類の分析には主にSECモードを用います。アミノ糖や酸性糖などはイオン交換やイオン排除などが利用可能です。Shodexでは各種糖分析用のカラムを多数取り揃えています。


お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録