• HOME
  • 製品
  • テクニカルレポート
  • 販売店
  • サポート

GS-520の較正曲線 (タンパク質)

印刷

マルチモード用カラムAsahipak GS-520 7Gによるタンパク質の較正曲線を示します。Asahipak GSシリーズに比較的塩濃度の高い溶離液を使用するとSECモードが主体になるため分子量の大きな順に溶出されます。ポアサイズの大きなGS-520は分子量100万のタンパク質まで分析できます。ただし、ヒトやウシなどの血清アルブミンのようにGSカラムの充てん剤骨格に対する親和力が強いサンプルは遅れて溶出されます。
GS-520 7GはGS-520 HQの旧タイプカラムです。


Sample :
1. IgM
2. IgA
3. IgG
4. Transferrin
5. BSA
6. Ovalbumin
7. α-Chymotrypsinogen A
8. Myoglobin
9. Ribonuclease
10. Cytochrome c


Column       : Shodex Asahipak GS-520 7G (7.5mmI.D. x 500mm)
Eluent       : 0.1M Sodium phosphate buffer(pH7.0) + 0.3M NaCl 
Flow rate    : 1.0mL/min
Detector     : UV(210nm)
Column temp. : Room temp.

お問い合わせ

デモカラムお申し込み


クロマトメール/Chromatomail会員登録